今回はギャルゲームの感想です
(前回ニコ生放送した時にギャルゲームの感想を書いてほしいと言われたのと
自分自身も書いてみたいと思ってたのある)
好評であればメジャーなギャルゲの感想をちょくちょく書いていこうと思います

ちなみに今回非常に辛口な評価となっております
そこのところをご了承ください

感想だけどネタバレしない範囲でいきます



2001年発売されたゲームでプレイしたのは2020年5月
シナリオライターは田中ロミオ
個人的に業界で5本の指に入る人だと思ってる
彼が手がけた作品としては
最近だとRewriteや人類が衰退しましたなどがある

612GhLlI4KL._AC_




713lfgJdFjL



俺は泣きゲーが好きでギャルゲやオタ趣味に感動を求めてる
リアル人生にはあまり感動は縁遠いものだったからさ
あまりにもビックネームすぎたのでギャルゲユーザーとしては手を出さざるえない
むしろ今まで何故やってこなかったってのもあります
プレイした理由はそういう感じです


このゲームのざっくりにした内容は
社会の流れもの はぐれもの
社会に適応できなかった?というよりは
社会から不当な扱いをうけてた人間が
みんなで手を取り合い 家族になろうよ
そして助けあっていきていこう
という内容です

一言でいうと家族がテーマのゲーム





有名すぎるOP
"同じ空の下で"
本当に好きです これ


感想としてネタバレしない範囲で

よかった点
個人的に小さい意味での感動はたくさんあります
いわゆるファイナルステージがあるゲームじゃなくて
ここのヒロインで泣かせるゲームでした
ここ泣けるシーンだなってところだね
何度やってもここは泣いてしまうとこがあった

ヒロインシナリオが個人的によかった順
青葉>>超えられない壁>>春花>>準=まつり>>真純

まつりはとにかく昔からとにかく有名なキャラで推されてたけど
先がみえてしまったのがきつかったのです


SnapCrab_NoName_2020-6-13_21-17-53_No-00


ヒロインで一番好きなキャラは青葉でした
いや本当に青葉好き


SnapCrab_NoName_2020-6-13_21-6-13_No-00



このゲームね
キャラの√にはっても他のキャラがそこそこ話にかかってきて
活躍するっていうのがかなりいいとこだと思います
こういうのが全体的にかなりちょこちょこあります

さてここからスーパー辛口評価
以下の2点がかなりの不満点です
・共通√がそこそこ長く、平凡な日常がかかれているそれがいまいちである
・この作品には5人のヒロインがいるが2人攻略した時点で
他のヒロインのストーリーがある程度わかってしまうという


後はヒロインがあまり可愛くない(小声)

とにかく先が見えてしまうというのが本当にきつかった
話が読めてしまうからこの結末の感動が難しくなる


あと神ゲー意味で有名であったため
自分の中でかなりハードルが高くなりすぎたってのがかなりある

一昔前の作品感がどうしても強く
少なくとも現代のオタク向けではないと思うのと
このゲーム以上に感動できるゲームは00年代ではいくつもでてきてます

・人にすすめられるか どうかという点

家族がテーマのゲームをやりたいというのであればこのゲームを強く推します
家族のあたたかさ ありがたみがよくわかるので
ただし、田中ロミオがシナリオを担当しているゲームをやりたいというのであれば
家族計画よりは

加奈~妹~ 
CROSS†CHANNEL

加奈は病弱な妹の話を永遠にする感じですが、かなりの泣きゲーです
(逆に加奈が気に入らないと駄目なゲームかも)
クロチャ(CROSS†CHANNEL)はちょっと奇妙な学園物って感じ
かな?

とにかくこの二つを推します



色々書いてるけど俺はプレイしてよかったです
ただ人を選ぶ作品だと思ってる
そんな感じです

ギャルゲ批評1回目はこんな感じです
ではでは
応援よろしくお願いします

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へにほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ